日本全国受付対応 住み着いた害獣を完全に駆除します!!安心の価格設定15,800円〜 屋根裏や床下から物音が… その物音はこの動物のせいかも!「ハクビシン」「ネズミ」「アライグマ」「イタチ」 ※対応エリア・加盟エリアにより記載価格で対応できない場合がございます。

メールで無料相談

現在、お電話が繋がりやすくなっております。

害獣駆除専門スタッフがお伺い!

無料で現地調査!状況確認いたします

お電話でご連絡をいただいたら、まずは現場の状況を把握するため現地へ無料調査を行います。調査の結果、どの程度の被害なのか、害獣の種類、最適な駆除方法など検討させていただき、無料見積りをご提示いたします。すべて害獣駆除のプロのスタッフが行いますのでどうぞご安心ください。また気になることや、ご質問などありましたらお気軽にスタッフにご相談ください。わかりやすく丁寧にお答えさせていただきます。

無料現地調査はこちらから
害獣被害を詳しくうかがい、
お客様1人1人にあった最適なプラン
ご提示いたします!

調査してお見積りを提案するので、安心の明朗会計です!!

もしかして?と思ったら害獣の仕業かも…
早めの駆除が大切です !!

こんな事ありませんか?

  • 夜中に天井を走る音がする
  • 最近体がかゆい。ダニやノミかも
  • 悪臭がする。まるで糞や尿のような臭い
  • 気になって屋根裏を登ったら、糞を発見!
  • 雨漏りでもないのに天井からのシミがある…
  • 身に覚えのないペットのケガ。襲われている?
害獣達は家の天井裏、床下に巣を作り
自分の巣の周辺でフンをする習性があります。
↓

料金の目安

[低価格]害獣駆除料金15,800円〜 しかも現地調査0円

  • ※対応エリア・加盟店により記載価格で対応できない場合がございます。
  • ※対応エリア・加盟店・現場状況により、事前にお客様にご確認したうえで調査・見積もりに費用をいただく場合がございます。

害獣駆除お助け隊が低価格・迅速に解決します!

料金のご案内
  • 即日対応可能
  • ご相談・現地調査も無料
  • 清掃・消毒も行います
  • 日本全国で対応中

害獣駆除のプロが対応いたします!

アライグマ、イタチ、ハクビシンといった害獣に関する現地調査・駆除に関しましては実績豊富な害獣駆除のプロが行います。駆除だけでなく害獣によって汚染された糞・尿などによる現場の清掃や、消毒作業も行わせていただきますのでご安心してお任せください。また、無料現地調査ではお見積りのほか、被害の現状把握、駆除方法、手順などについて丁寧に説明させていただきますので、お気軽に「0800-805-7245」までご相談ください。もちろん、サービス内容や価格比較のため他社様との相見積りも歓迎いたします。サービス内容・価格・解決力には自信がありますので、是非、害獣駆除お助け隊と比べてみてください!

各項目の詳細なお見積りをご提出

  • 駆除費用
  • 殺菌・消毒費用
  • 清掃費用

各種クレジットカード、現金がご利用いただけます。

※手数料がかかる場合がございます。 ※一部エリアによりカードが使えない場合がございます。

サービス料金のご案内はこちらから

各地でイタチやハクビシンの被害が急増中!

イタチ

ハクビシン

どちらの害獣も生態はほぼ同じで、雨風がしのげて温暖な住宅や倉庫などの屋根裏に侵入し繁殖します。
イタチやハクビシンは都市に対応し一般住宅にも住みつくようになりました。
害獣は一度ねぐらと決めた場所には定住してしまい、対策しない限り出ていくことはありません。
そのねぐらで繁殖をくり返し、フンも同じ場所でするため、どんどん被害が広がり匂いや菌なども悪化していきます。

もし足音が聞こえてきたらこんなことになっているかも?!

天井の断熱材がボロボロ
天井の断熱材がボロボロ
明らかに住み着かれているような痕跡
明らかに住み着かれているような痕跡
天井から、黒っぽいシミが浮き出ている
天井から黒っぽいシミが浮き出ている
ペット以外の糞があちこちで発見
ペット以外の糞があちこちで発見

害獣が棲み着くと、「家の破損」「悪臭」などの被害につながります…

害獣駆除お助け隊が選ばれる3つの理由

適正価格のご提案!現地調査・見積り無料

害獣がいるかも?そのようなときはまずは現地調査ではっきりさせましょう。害獣駆除お助け隊では必ずプロのスタッフがお伺いします。現場を確認し、被害状況など把握した上で、駆除方法を検討し見積り書を作成いたします。見積り書の内容はお客様へわかりやすくご説明いたしますので、わからないことや気になることがあればなんでもご相談ください。

害獣駆除のプロが対応!徹底的な駆除を
お約束致します。

せっかく専門のプロに頼んだのにまだ天井にいる…。このような状態では駆除できたとは言えません。害獣駆除お助け隊のプロは1匹残らず駆除をいたします。再発したときのアフターフォローもしておりますのでご安心ください。他社での駆除で再発した方もご相談に応じます。

高品質なサービスを提供!消毒と清掃で悪臭、
排泄物の除去をします。

害獣による排泄物、エサの残りなどによる悪臭、衛生面の問題もご不安なことが多いでしょう。害獣駆除お助け隊はこのような問題にも最後までお付き合いいたします。排泄物、死骸の清掃・除菌・悪臭除去すべてお任せください。少しでも気になったことがあればいつでもスタッフにお伝えください。

害獣駆除のプロになら安心!素早く対応します!!

調査見積り無料!見積り後キャンセル可能!

各種クレジットカードOK!

24時間365日対応

無料通話0800-805-7245

今ならすぐにご対応出来ます!|現在、お電話が繋がりやすくなっております。

メールで無料相談

無料調査から害獣駆除までの流れ

STEP01

無料お見積りのご提示とご説明

POINT

少しでも不安がないようわかりやすく
丁寧にご説明いたします。

現地調査の結果から、見積り書を作成いたします。現場の状況、害獣について、どのように駆除と対策を行っていくのかなど、お客様にとってすべてが初めてでわからないことも多いはずです。害獣駆除お助け隊のプロのスタッフは、わかりやすい言葉で丁寧にひとつずつ説明させていただきます。わからないことがあればすぐにご質問ください。お答えいたします。

↓

STEP02

適切な駆除と追い出しで
必ず害獣問題を解決

POINT

安心安全な方法を選択しています。

強力な薬剤を使うのは、お子様やペットがいらっしゃるご家庭では何かと心配です。害獣での健康被害が心配だったのに、薬剤での健康被害も不安になるようでは適切な駆除とはいえません。害獣駆除お助け隊のプロのスタッフはお客様の安全と安心をお守りいたします。駆除方法でご要望があればスタッフにお気軽にご相談ください。

↓

STEP03

排泄物の清掃や消毒で衛生面にも配慮

POINT

害獣がいた痕跡を消すために
清掃と消毒をします。

害獣が住み着くと排泄物や悪臭、害虫といった被害が出ます。害獣そのものを追い出しても、住処とされていた場所が汚れたままでは、衛生面に不安が残ります。害獣駆除お助け隊は清掃、除菌、消毒をして綺麗な状態にするので、その後も安心して過ごしていただけます。

↓

STEP04

再侵入、再発を防ぐため経路を遮断

POINT

小さな隙間もすべて塞ぐことで
再侵入を防ぎます

せっかく追い出しても再び戻ってきては意味がありません。害獣駆除お助け隊は、侵入経路はもちろん、小さな隙間もしっかりチェック致します。再発を防ぐには、侵入経路を塞ぐことが重要なポイントです。そのためプロはぬかりなく穴や隙間を封鎖し、二度と入ってこないようにいたします。

害獣を二度と侵入させないための3ステップ

STEP01
・壊された部分を修繕
STEP02
・子供が残ってないか確認
STEP03
・侵入経路をしっかり封鎖

アライグマ

アライグマ

見た目はタヌキに似ており愛らしい姿をしていますが、ペットや家畜を襲うこともあります。基本的に夜行性ですが、昼間でも外で活動することがあります。手先が器用で、有名なのが両手で物を洗うしぐさです。木登りや泳ぎも得意で、住処は家屋の天井裏や空き家なこともありますが、水辺近くを好む傾向があります。餌は、雑食性で貝や魚、また甘い果実やトマトなどの野菜がお気に入りです。繁殖能力が高く、妊娠率はほぼ100%と言われています。このようなアライグマに住み着かれたときの駆除について解説します。

アライグマの駆除方法

尻尾に縞模様があり、長い5本指を器用に使って餌を食べるアライグマ。幼獣は人に懐くこともあり穏やかなイメージが定着していますが、成獣になると非常に凶暴になるので注意が必要な動物です。運動能力が高く、泳ぎや木登りも得意なのが特徴。さらに手先が器用で雑食性ということもあって、農作物だけでなく、ゴミを漁られたり飼育しているニワトリや池の魚を食べられるなどの被害も起きています。

もしアライグマが現れたら、慌てず対策をたてましょう。まずアライグマは法律により勝手な捕獲が禁止されているため、自治体への許可が必要なので注意してください。アライグマの捕獲にはゲージを用意します。中には果実などアライグマの好む餌を入れて、餌に釣られてゲージへ入ったら即捕獲です。捕獲のあとはアライグマを寄せつけないようにすることが大切です。それにはアライグマの嫌いなニオイである忌避剤を使用しましょう。ハッカ油や燻煙剤を使用して、アライグマの方から逃げてくれるように誘導します。忌避剤で逃げてくれたら、二度と入ってこれないように侵入経路を遮断します。アライグマは運動能力が高く手先が器用なので、ちょっとした隙間でもこじ開けたり登ったりして侵入します。力が強く、軽いものだと簡単に動かせるため、動かせない有刺鉄線やしっかりした金網で侵入口を塞ぎましょう。

イタチ

イタチ

日本全国に分布しているイタチは、本来山奥に生息していましたが、近年では人の家屋に住処を作るようになりました。ニホンイタチとチョウセンイタチが人への被害をもたらす種類ですが、チョウセンイタチはごく一部のみに生息しています。メスよりもオスの方が体が大きく、メスは捕獲が禁止されているため万が一見つけても勝手に捕獲や駆除をすることはできません。イタチは肛門腺から強い臭いを出し、かなりの悪臭を放ちます。餌は雑食性で、魚、鳥の雛、ウサギといった肉食でもあり、ときには人間の出したゴミも漁ることも多いです。それではイタチの駆除方法を見ていきましょう。

イタチの駆除方法

まるいつぶらな瞳と目の周りが黒い特徴からパンダにも似ている愛嬌のある顔立ちをしています。アライグマやハクビシンよりも小柄で、フェレットのような見た目ですが、性格は全く違ってとても狂暴です。むやみに近寄ったりするのはやめましょう。またイタチは法律により許可なく捕獲ができません。必ず自治体へ相談してください。
イタチは歯が鋭く、自分よりも大きな生き物も捕獲してしまうほどですが、キツネやフクロウなど動きが速い生き物は苦手なようです。肉食性で攻撃的なイタチは家畜やペットも襲うという被害報告も多く、夜行性ながら餌を求めに昼間にも出没するため、遭遇時にケガをしてしまうこともあります。住み着かれた家屋は、走り回る騒音、糞尿による悪臭、ハエやダニの大量発生といった深刻な被害状況です。

イタチが侵入しているようならすぐに対策をしましょう。まずは、捕獲用ゲージの中に、イタチの好物である肉系(唐揚げなど)の食べ物を置き、そのエサでおびきよせて捕獲します。イタチには、気に入った場所に再び戻ってくる習性があるので、苦手とする光(キラキラ光るCDや、電源が確保できるなら電球を釣るす)、または忌避剤を用いて、イタチが近寄らないようにします。その後、金網や防獣用ネットを設置し、侵入経路を塞ぎます。イタチは穴を掘ることを得意で、フェンスと地面の境目から細い体で簡単に侵入することができるので、設置の際には十分注意しましょう。

ハクビシン

ハクビシン

顔の中心、鼻筋にかけて白い線が入っているのが名前の由来でもあります。身体能力が高く木の上で生活をすることがしばしば。寿命は長く10年以上で、妊娠期間はわずか2カ月。そのため繁殖力が高いです。餌は雑食性で昆虫・動物・植物となんでも食べますが、特に甘い果実が好みのようです。ネコのようなしなやかな体で、鳴き声もネコと間違われることもあるほどです。狂暴で、小さな隙間でもスルリと入り込むハクビシンの駆除について、解説していきます。

ハクビシンの駆除方法

漢字で「白鼻芯」と書くハクビシンは名前の通り、顔の中心、鼻筋に白い線が入っています。大きさは1mになるほど大型な害獣です。好物は果実などの植物で、農作物が荒らされる被害が広がっています。ハクビシンの寿命は10年以上と長く、1年に1回出産することがハクビシンの数の増加につながっているようです。夜行性で、昼間は隠れた場所で息をひそめていますが夜になると餌を求めに行動し始めます。運動能力が高く木登りも得意なため、高所にある木の実を食べて木の上で生活をしています。しかし近年では都市部の住宅地でも目撃情報が多く、屋根裏に住み着いて人間の生活に悪影響を及ぼしています。足音による騒音、糞尿による建物の損傷、悪臭、ダニなどの害虫増加、そして農作物への被害です。

ハクビシンが家に住み着いてしまったら、適切な対処をしましょう。まず捕獲ですが、ハクビシンは鳥獣保護法に指定されている害獣なので、必ず自治体に許可をもらいましょう。
ハクビシンは果実を好むので、捕獲ゲージまで果実で誘導し捕獲します。他には、大型で体重の重いハクビシンだからこそのトラップ、重さでひっかかる捕獲器などもあります。
捕獲ができたら、次は二度と戻ってこないよう対策をします。学習能力が高く、一度嫌な思いをするといつまでも記憶しているので、「ここは嫌な場所である」と印象づけるために、忌避剤や音で撃退します。ハクビシンは音に敏感なため、大きな音がすることを嫌がります。笛やブザー、テープを流し続けるなどするとよいでしょう。加えて忌避剤です。天敵であるオオカミの尿のニオイがする液体を、侵入経路や住み着いていた場所へ散布します。そして最後に侵入経路を塞ぎます。換気口や地面の隙間など、あらゆる隙間や穴を金網で塞いでください。また、ハクビシンは木登りをするので、木の枝から屋根へ移ってこないよう木の剪定をしておくとよいでしょう。

害獣捕獲をしても安心できない。なぜなら二次被害があるからです。

!駆除をしても再びやってきます。もしかしたら違う種類であることも!

天井や軒下に住み着いた害獣を、捕獲や駆除、追い出しに成功したからといって安心はできません。一度気に入った住処はまた戻ってきて住み続けることもあります。もしくは害獣にとって住みやすい環境であれば、違う種類がやってくることも。これには侵入させない対策が必要で、小さな隙間ひとつ見逃さず塞ぐことが大切な作業です。

!糞や尿を放置すると悪臭問題や衛生問題になります。

害獣も生き物ですから、エサを食べて排泄もします。天井に住み着いているなら排泄もそこで行うでしょう。毎日毎日、排泄をされていてはそのうち悪臭がひどくもなり、また衛生的に良いわけありません。害虫がよってくる原因にもなります。掃除と除菌をしないといつまでも悪臭と衛生面に不安が残ります。

!排泄物が原因で家が腐り、崩壊の可能性も。

排泄物で天井にシミができるほどになると、家屋への影響が心配です。柱や壁が腐り、いつ屋根が落ちてくるか、いつ柱が折れるかわかりません。害獣が住み着くというのは、家屋に損害を与える深刻な状況になります。

害獣による衛生的問題。4つの被害について。

かゆみ
かゆみ
アレルギー
アレルギー
皮膚炎
皮膚炎
喘息
喘息

害獣が住み着くだけでも、気持ちが悪く、汚いイメージがありますが、それはイメージではなく事実です。害獣は人間のようにお風呂に入るわけではないので、体にはダニやノミがまとわりついています。そのような体で家の中を走れば当然、ダニやノミは家の中に落ちます。ダニやノミを室内に持ち込み、増殖すれば死骸や糞によるアレルゲンの原因にもなり、小さなお子様や体力のない年配の方への影響ははかり知れません。害獣が住み着いている疑いがあるなら、すぐに対処しなければ健康被害にまで及ぶ恐れがあります。

お客様の声

害獣駆除に関するQ&A

お客様のご依頼傾向

害獣駆除のプロになら安心!素早く対応します!!

調査見積り無料!見積り後キャンセル可能!

各種クレジットカードOK!

24時間365日対応

無料通話0800-805-7245

今ならすぐにご対応出来ます!|現在、お電話が繋がりやすくなっております。

メールで無料相談

害獣駆除お助け隊の更新情報